驚くほど親切だった地元の不動産屋さん

驚くほど親切だった地元の不動産屋さん

転勤族のため、よく不動産屋を利用しています。本来なら社宅があるのですが、用意されている社宅が築年数が古いことが多く、自分たちで家を借りているのですが、やはり地元の不動産屋は親切だなという印象を受けることが多い気がします。
先日も転勤のために家を探していたのですが、夫の先輩に教わった地元の不動産屋に行ってみたところ、あまり希望の物件がなく、URの物件を紹介してもらうことになりました。不動産屋のマージンや裏事情にはあまり詳しくはないのですが、URは都市機構が独自で物件を取り扱っているので、おそらくその不動産屋には全く利益にも何もならないと思います。それなのに担当してくれた営業の方が、親切にもURの物件を車をだして回ってくれたり、一緒に中を見てくれたりしたのです。
もしかしたら紹介料があるのかもしれないのですが、契約をするときもURの担当者に引き継いで、その営業の人はそのまま車で会社に帰っていきましたし、その人のおかげでURという選択肢があるということも知ることができ、本当に助かりました。
自分のお店の利益や、営業成績にもならないのに親切にも私たちを案内してくれたことを、今でも忘れることができません。その地域で物件を探している会社の人とかがいたら、すぐにその不動産屋を紹介するようにしています。地元の不動産屋はあまり大々的に広告などは出していないのですが、こういった形で「口コミ」として評判が広がっていくんだろうな、と身に染みて感じました。